東北の旅 (^^)/

山形で「さくらんぼ狩り」を楽しんだのは良いのですが
一日目に案内されたのが「山寺」

画像


せっかくなので「奥ノ院」へお参りしましょう!!
・・・・と、ベテランガイドさん。
ここが入り口で~す、と案内されたところは「登山口」

画像


なんか、やぁ~~な予感
お参りというより、まさに「山登り」でした

画像

画像


途中には、昔々、修行のために僧侶が掘ったという岩壁を見上げたり、
どこまでも続く石段を見上げてはため息をつき
ハァハァヘェヘェ言いながら、何とか登頂してお参りをすませました。
そして、約束の集合時間の5分前に降りてくることができました。
おやっさんは足がガクガク
「自分の筋力の無さをほとほと感じた」と嘆いていました
私もヘトヘトでクラクラしちゃいました。

「俺たち、温泉に入ってゆっくり疲れを癒そうって
そう言って来たんだったよな」・・・ボソッと言うおやっさんでした

宿泊先は“日本の宿”「古窯」(ホテルのような旅館のような)
宿のいたるところにサンローランなどの「絵画」が飾られており
美術館のようでとても楽しめました。
食事も温泉も大満足でしたよ
画像


それから翌日は、蔵王に向かいました
有名な「お釜」です。
画像


バスで向かっている間、雲がかかっていたのですが
到着するころには綺麗に見えましたよ

そこからさらに宮城県の松島へ向かいました
何年ぶりでしょうか・・・・
もちろん震災後初めてです

画像

画像

画像


穏やかな青い海や、観光船を追いかけてくるカモメ・・・・
少しも変わっていないように見えましたが、
島巡り観光船の乗り場周辺や、瑞巌寺入り口の土産店など
被害を受けて再建不能となり閉めてしまった店も多いようです

画像

瑞巌寺の松林、、、こんなところまで津波が到達したなんて・・・・・
でもがんばってましたよ、松島。
牛タンをたくさん買って帰りました

松島から東京へ向かう長い長いバスでの帰りの道中、
大きな大きな虹を見ました
画像


この虹、二重になっていたのですよ
すぐに消えてしまうかと思っていたら、
結構長い間消えないで楽しませてくれました
きっと、いいことがありますよ
がんばれ、東北


この記事へのコメント

はじめ
2013年08月21日 08:02
山寺は登るの大変でしたね。
ふもとの玉こんにゃくを串にさしてたべるのが好きです。
自分の両親の実家は宮城県なので、最近も帰ったのですが
まだ復興は道半ばですね。
でも少しづつ進んでいっている気はします。
牛タンおいしいですよね^^

この記事へのトラックバック